MENU

浜名湖殺人事件:友人宅アパートの住所はどこ?高校生:犯人は?名前の特定は?

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

静岡県湖西市の浜名湖で袋井市の男子高校生が遺体で見つかりました。

被害者の高校生は友人宅のアパートを出入りしていたといわれており、どのアパートなのか?が気になるところ。

今回の記事では、浜名湖殺人事件:友人宅アパートの住所はどこ?高校生:犯人は?名前の特定は?についてまとめました。

スポンサーリンク
目次

浜名湖殺人事件って?

2月9日、静岡県袋井市に住む通信制高校2年の斉藤宇川(うかわ)さんの遺体が、静岡県湖西市の浜名湖で発見されました。

斉藤宇川さんは2月4日午後7時頃に「遊びに行く」と家族に伝え、自宅を出発。

その後、5日には、浜松市内の知人の家にいたことが分かっています。

しかし、2月7日になっても帰宅しなかったことから、家族から行方不明届が提出されることに・・・。

自宅を出てから5日後の2月9日に、浜名湖で釣りをしていた方が斉藤宇川さんの遺体を発見したそうです。

浜名湖殺人事件:友人宅アパートの住所はどこ?

斉藤宇川さんの死因は溺死だと推定されていますが、顔や上半身などには、殴られたようなあざが確認されているそうで、 警察は殺人事件と断定。

斉藤宇川さんは、亡くなる直前まで浜松市内の友人宅にいたことが判明しており、事件との関連が噂されています。

友人宅アパートの住所はどこなのか?が気になるところ。

友人のアパートは、浜松市中央区に立地している!

友人のアパートは、浜松市中央区に立地していることが判明し、既に警察が捜査を行っている事がわかっています。

こちらが、友人のアパートの外観になります。

白っぽい外観のアパートで、階段が黒いことが分かりますが、それ以上の情報は見つかりませんでした。

地図上だと、この付近が該当しますが、範囲が広く、具体的な住所の特定には至っていません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次