上田彩瑛の高校は?鉄緑会出身で天才だった?

女優・俳優

2019年の「東大ミスコン」でグランプリに輝いた上田彩瑛さん。

「踊る!さんま御殿!!」や「林修の初耳学」などテレビで見かける機会も多くなっています。

日本最高峰の東京大学理科三類に現役合格し、現在医学部でドクターになるために、日々まい進している彼女はいったいどんな人物なんでしょうか。

今回の記事では、「上田彩瑛の高校は?鉄緑会出身で天才だった?」についてまとめました。

 

上田彩瑛のプロフィールは?

本名・愛称:上田 彩瑛(うえだ さえ)
生年月日:2000年8月14日
年齢:  22歳(2022年 11月 現在)
出身地:大阪府大阪市
血液型:O型
身長:158cm
学歴:東大卒
所属事務所:ワタナベエンターテインメント

上田彩瑛さんは東大に入学するまでは大阪に住んでいました。

「阪神タイガースとお笑いが大好き」だそうです。

ザ・関西人って感じですね。

 

「遺伝子からタイガースファン」と公言しているように、タイガースに対する熱量は相当なもの。

Twitterでも球場に応援に行っているツイートが上がっています。

 

お笑いのほうも、実家がなんばグランド花月の近くだったこともあり、吉本新喜劇をよく見に行ったのだとか。

和牛、笑い飯のファンだそうです。

 

なんとご本人も東大ミスコンの時にゆりやんレトリィバァのモノマネを披露していました。

タイガースの遺伝子とお笑いの血で体ができている天才的頭脳を持った美人、レア感がハンパないですね!

 

さらに特技はダンス。

大学でも「Free D」というジャズダンスサークルに入っています。

何でも3歳の頃からクラッシックバレエを習っていて、中学の頃からK-POPのカバーダンスを習い始めたそう。

模試の前でもダンスの練習は休まない、と宣言していたようですからやる気も実力もかなりのものです。

もうタイガースの遺伝子とお笑いの血で体ができている天才的頭脳を持った美人が、ダンスっていうアイテムを持ったら最強じゃないでしょうか。

 

上田彩瑛の出身高校は?

上田彩瑛さんの出身高校は大阪の名門四天王寺高校です。

〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目11−73
四天王寺高校

四天王寺高校の偏差値は70~74?!(スポーツ・芸術コースを除く)

 

四天王寺高校は、中高6年一貫校で、偏差値は70を超えています。

そこで上田彩瑛さんは中学、高校と通して学年トップの成績だったそうです。

まさにトップオブトップ。

 

何せ小学校に入学して教科書をもらった時、授業が始まる前に全部解かなくては、と思う子だったわけですから、もう勉強が好きというレベルではないですよね。

「勉強せずにはいられない!」、なんだと思います。

 

上田彩瑛って鉄緑会出身?

上田彩瑛さんも鉄緑会の出身だそうです。

東大入試というと必ずと言っていいほど登場する鉄緑会。

 

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目55−8
鉄緑会

 

鉄緑会は、中高6年一貫校を対象とした東大受験指導専門塾。

 

東大王元大将の水上颯さんや東大王の紅一点として活躍していた鈴木光さんも在籍していました。

 

この投稿をInstagramで見る

水上颯(@mizukami_so)がシェアした投稿

 

上田彩瑛さんが東大を目指すようになったのは、鉄緑会に通っていたことが大きく影響しているようです。

 

「理三を目指している子が多くて、手の届かないところじゃないのかな、と思うようになって」

とお話ししているように、鉄緑会には高い目標を持っていて、切磋琢磨できる子たちがたくさんいたのだと思います。

もともとドクターになることを目指していたのもあって、東大理科三類を意識し始めるのは自然な流れだったかもしれませんね。

 

上田彩瑛は天才だった?

天才の呼び声も高い上田彩瑛さんですが、子供時代はどんなだったかすごく知りたいですよね。

まず驚きなのが、まだ0歳の頃に4ピースのパズルを完成することができたこと。

上田彩瑛さんのお母さんは、上田彩瑛さんがまだ生後6ヶ月の頃、4ピースのパズルを教えよう、と思いついたそうです。

そして初めは一番最後のピースを埋めることから、そこからやり方を何度も繰り返して教えました。

 

そうすると、8ヶ月めにはすべて自分でできるようになったそうです。

さらに上田彩瑛さんのお母さんは、赤ちゃんの上田彩瑛さんに英語で話しかけてみました。

それを続けていった結果、話し始めた一番最初の言葉が英語だったとのこと。

 

このように、上田彩瑛さんの天才的頭脳が作られたのには、上田彩瑛さんのお母さんの教育方針が大きく関わっています。

上田彩瑛さんのお母さんは好奇心旺盛な人で、子育てでこんなことを取り入れたらどうなるのか、と常に考えていた人でした。

こうしてみると、上田彩瑛さんは生まれた時からの天才というより、お母さんから与えてもらった教育という栄養素をぐんぐん吸収していった、という感じですね。

 

さらに上田彩瑛さんは、お母さんが仕事をしながら大学院に通ったり、こたつで一緒に勉強したりと学ぶ姿を近くで見て育ちました。

それは学ぶということを自然に受け入れられるようになる要因の一つだったようです。

上田彩瑛さんが天才的頭脳を得たのには、お母さんの影響が大きいと言えますね。

 

 

まとめ

以上のことをまとめると、

・上田彩瑛はライガースとお笑いとダンスが好き

・上田彩瑛が天才になったのには母親の影響が大きい

・上田彩瑛は鉄緑会出身

・上田彩瑛は四天王寺高校出身で常に学年トップ

上田彩瑛さんがドクターになりたいと思った理由は、インフルエンザの予防接種を受けて体調を崩したときに、自分の体の中で起こっていることが何か知りたい、ということだったそうです。

その気持ちは病院受診するすべての患者さんに当てはまることなのではないでしょうか。

上田彩瑛さんはきっと、患者ファーストのドクターになれると思います。

これからの上田彩瑛さんを見守っていきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました